ビーグレンはシミ消し効果なし?口コミでの評価は?

シミを消すのにビーグレンを選んでも良いの?口コミはどうなってる?

ビーグレンには美白効果の高いハイドロキノンが使われているので、効果的にシミを消してくれます。

実際にハイドロキノン化粧品「QuSomeホワイトクリーム1.9」を使った人の口コミを見ていくと「シミが消えた!」という感想の割合が圧倒的に高いです。



他にもハイドロキノン化粧品にはビーグレンを使うべき理由はなんなのか?というとやはりビーグレンの浸透力が決め手になります。



■ビーグレンのハイドロキノン

ハイドロキノンは濃度が高くなればシミの原因であるメラニン色素を薄くする効果も高くなります。

それにもかかわらず、QuSomeホワイトクリーム1.9にはハイドロキノンが1.9%しか配合されていません。



他のハイドロキノン化粧品ではだいたい2%~3%くらいの濃度になっているので、ビーグレンはシミを消す効果は低いんじゃないか?と考えてしまいがちですが、それは著と違います。

一般的なハイドロキノン化粧品の場合、浸透力が弱いので、シミに対しては表面部分にしかアプローチすることができません。


それに対してビーグレンの場合には、シミの裏側にまでハイドロキノンがしみ込んでいきます。つまりシミを包み込むように全方位からアプローチしてくれるわけです。

ハイドロキノンの濃度が低くても、シミにアプローチできる表面積が何倍にも広がっているわけですから、効果的にシミを消してくれるんです。



■ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンは濃度が高くなると肌への刺激が強くなることも知られています。敏感肌の場合だと2%後半でも不安があるものの、ビーグレンなら2%を切っているので、肌に悪影響が出る心配がほとんどありません。

ただ、注意しなければいけないのは、ハイドロキノンを使うタイミングです。ハイドロキノンは夜に使うのが鉄則なんです。



ハイドロキノンにはメラニン色素を薄くしてくれる漂白機能だけじゃなくて、メラニン色素の生成を押させる還元機能があります。シミが濃くなったり増えるのを防いでくれるわけです。

忘れてはいけないのは、メラニン色素はもともと、紫外線のダメージから肌を守るために生成される成分だということ。メラニン色素がなければ、肌は紫外線の影響をもろに受けてしまいます。



紫外線は保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンを壊したり、肌の老化を進める活性酸素の生成を促してしまいますから、日中にハイドロキノンを塗って外出するのは厳禁です。

その点さえ気を付けていれば、QuSomeホワイトクリーム1.9を使って効果的にシミを消すことができます。

シミを消すには通常は半年くらいかかるというのに、口コミだと、早い人だと1ヶ月くらいでシミが薄くなったという実感を持っている人もいるくらいです。



ビーグレンのシミ消し効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓






ビーグレンのシミけしに関する口コミを調べていくと、実はシミが濃くなった!という感想も見つけることができるんですが、これは決してシミが悪化しているわけじゃないんです。
Cセラムという美容液があるんですが、肌の新陳代謝を促してくれるビタミンCのおかげで、シミが濃いまま肌表面へ押し出されている結果なんです。

そのままケアを続けていけば、シミができている部分はどんどん肌表面から剥がれ落ちていきます。それにハイドロキノンも効果が出やすくなって、シミが薄くなるスピードが一段と早くなります。
いずれにしても、その状態で手を止めてしまうのはもったいないので、継続してケアを続けていくべき状態なんですよ。

ビーグレンはハイドロキノンの濃度が低い分、他のハイドロキノン化粧品に比べて価格も安いほうなので、使い続ける際のお財布の負担も確実に小さくなりますよ。



ニキビ肌&ニキビ跡あり&開いた毛穴が目立つ彼に付けてみたところ、しばらくすると彼は友人から「肌質変わった?」と聞かれたそう。確かになめらかな肌に変わった気がします。



使用前にちょうど鼻に吹き出物ができてしまっていたのですが、こちらを使用してから2日後にはニキビが枯れていて効いている感じがしました。



私の大人ニキビには皮膚科の薬よりも改善の手助けになってくれそうです。


ビーグレンのシミけし効果を高めるには、やはり過剰な皮脂に悩まさ手いる場合、皮脂の分泌量も正常な範囲に戻したほうが良いです。
皮脂は毛穴に詰まるとニキビの原因となるだけではなく、ニキビが酸化することで、過酸化脂質という肌にとって有害な物質に変わってしまいます。

過酸化脂質によって肌が直接傷んでしまうし、過酸化脂質の影響で毛穴の出口が広がってしまい、毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまいます。
皮脂を減らすには脂っこい食事を避けるべきです。皮脂は血液中の脂肪分が原料になっていますから、血液に脂肪が混ざらないようにヘルシーな食事を心がけるようにしましょう。


↑このページのトップヘ